クマ、下まぶた、たるみの情報サイト

クマ・たるみ総合サイト 慶友形成クリニック
TOP[トップ]GUIDE[クリニックのご案内]FEATURE[クリニックの特徴]PRICE[料金]FAQ[ご質問]SITEMAP[サイトマップ]
下まぶたの基本構造下まぶたのトラブル各治療法の紹介モニター体験談メール相談
目元のスキントラブルのトップ > 下まぶたの基本構造
下まぶたの基本構造

通常、頬などの皮膚は2mm程度あるのに対し、下まぶたの皮膚は 1mm程度と圧倒的に薄い構造をしています。その薄い皮膚の下には毛細血管が張り巡らされており、この部分の血行が悪くなり静脈血が滞留してしまうと血管(血流)性のクマとなるのです。さらに下には筋肉(眼輪筋)が存在しています。この眼輪筋の弛緩と、(悪い意味ですが)眼球の重みのシナジーによって、眼窩脂肪は前方に押し出され、プクッとした下まぶたを作ってしまいます。これがいわゆる「影グマ」なのです。   影グマ

 

一般的なクマの予防法
●十分な睡眠をとる。
●ただしいバランスの取れた食生活を続ける。
●ストレスを溜めない。
 
 

軽度で初期のクマであれば上記の予防法を徹底することで改善できます。しかし、慢性的なクマに変化してしまうと、治療をしない限り改善は見込めません。また、クマの種類を正しく診断し、原因に合わせた治療法を選択しない限り、治療効果もあがりません。専門医による正しい診断・治療が重要です。


24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
 
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
SKIN目元のスキントラブル
 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.