クマ、下まぶた、たるみの情報サイト

クマ・たるみ総合サイト 慶友形成クリニック
TOP[トップ]GUIDE[クリニックのご案内]FEATURE[クリニックの特徴]PRICE[料金]FAQ[ご質問]SITEMAP[サイトマップ]
下まぶたの基本構造下まぶたのトラブル各治療法の紹介モニター体験談メール相談
目元のスキントラブルのトップ > 各治療法のご紹介 > ボトックス
 
各治療法のご紹介
  下眼瞼CO2脱脂術 下眼瞼切開術
  ヒアルロン酸 ボトックス
  イオントフォレーシス ソノフォレーシス
  キュリアレーザー CETスキンケアトリートメント
     
ボトックス

ボトックス注入

目元のシワを解消し、若々しいシワのできない肌に !!
目尻のシワでもう悩まない !! 美しい素肌の貴方を応援します。

ボトックス注射とは

 

ボトックスとは“A型ボツリヌス毒素”を精製した薬剤で、国内では眼瞼痙攣などで認可も受けている安全性に優れたお薬です。A型ボツリヌス製剤(以下、ボトックス)の作用は筋肉の動きを抑制させますので、眉間や目尻のシワ周囲に注射すると動きが抑制され、シワができなくなるのです。

A型ボツリヌス製剤の種類について
  現在、国内で流通しているA型ボツリヌス製剤ですが3種類あります。Allergan社製の“ボトックス”、Ispen社製のディスポート、中国製のBTXAです。安全性や効果に関して最も優れているのはAllergan社製のボトックスと評価されており、当院では”Allergan社製のボトックス“をすべての症例において使用しておりますのでご安心下さい。また、それぞれに使用した製剤の製造番号もすべてカルテ管理しています。
   
注入方法について
 

注射の痛みを和らげる
注射ですので100%痛みが無いというわけではありません。そのため、当院ではご希望に応じて、注射の前に麻酔クリームを使用し、痛みの緩和を行うことも可能です。使用する麻酔クリームに関しても従来のエムラクリームではなく、ナノテクを利用した麻酔効果の優れた製品を使用していますので、ご安心下さい。

注入方法
希望される部位に応じてデザインし、適切な場所に注射します。

治療時間
5 - 10分程度
※事前の麻酔クリームは40 - 60分程度とお考え下さい。

日常生活での問題点について
 

【食事について】
特に制限はありません。

【サプリメント】
ビタミン剤に関しては一部服用を制限させていただく場合がございます。

【洗顔・メイク】
当日から洗顔、メイクが可能。マスカラなどの制限もありません。

【シャワー・入浴】
シャワーに関しては当日から可能。入浴に関しては翌日から可能。

【飲酒・タバコ】
治療後1 - 2日は控えて下さい。

【スポーツ】
激しい運動に関しては1 - 2日後から可能。

術後の経過について
 

「治療後の傷及び経過について」

 
当日 注入後、軽い痛みを伴う場合がありますが、数時間で改善します。注入後30 - 40分間は、注射した部分から血液がにじむ可能性がありますが、正常な経過ですのでご安心下さい。
1日後 痛みや不自然さは一切ありません。稀ですが内出血の可能性もあると思います。しかし、時間の経過で完治します。
3日後 効果が出現します。
6カ月後 徐々に筋肉の動きが戻りシワができやすくなります。
アフターケアについて
 

術後の通院について
治療後は1 - 2週間後に一度経過を診るために、できる限り診察を受けて下さい。

メリット&デメリット
 

メリット
・ダウンタイムがなく、だれでも簡単に受けていただくことが可能。表面に一切傷が残ることもありません。
・時間の経過で元に戻りますので、安全性に関しても心配ありません。

デメリット
・過度に注入してしまうと、表情まで奪われ不自然な顔つきになる。

 
費用はこちらをご覧になってください
ボトックス注入に関するよくある質問はこちら
ボトックス注入に関してのご相談はこちらから

24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
 
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.