クマ、下まぶた、たるみの情報サイト

クマ・たるみ総合サイト 慶友形成クリニック
TOP[トップ]GUIDE[クリニックのご案内]FEATURE[クリニックの特徴]PRICE[料金]FAQ[ご質問]SITEMAP[サイトマップ]
下まぶたの基本構造下まぶたのトラブル各治療法の紹介モニター体験談メール相談
目元のスキントラブルのトップ > 下まぶたのトラブル
下まぶたのトラブル

クマ

クマの原因

クマの原因には、睡眠不足やストレス、水分不足などが多く関与しており、これらは血行の状態によって変化するのが特徴です。

 
 

クマの分類

■影グマ

「眼窩脂肪の突出によって生じる影グマ」
   
  影グマができる構造
眼球の重みと眼輪筋の弛緩によって眼窩脂肪は徐々に前方に押し出されます。眼窩脂肪が押し出されると表面上、目の下に「プックリ」とした膨らみが出てしまいます。これが影グマです。影グマはお化粧で隠すことができないので治療が必要です。
治療法…下眼瞼Co2脱脂術
   

■色グマ

「色素沈着によって生じるクマ」

  アレルギー性皮膚炎や、化粧かぶれなどによる皮膚の外刺激炎症。日焼けによって生じるメラニン増殖及び蓄積など、皮膚にメラニン色素が沈着してしまうタイプ
治療法…ケミカルピーリングイオントフォレーシス、レーザー治療

「うっ血など血液の循環によって生じるクマ」

  静脈還流の悪化による血行不良が主な原因。日や時間帯によって濃くなったり、薄くなったりするタイプ。血流が悪化し毛細血管の中に静脈血が貯留すると、より黒く見えてしまいます。
治療法…CETソノフォレーシスフェイシャルマッサージ

「アザ(遅発性両側性太田母斑様色素斑)」

  非常に稀なタイプですが、成人してから濃くなる母斑。「青あざ」と同様。
治療法…レーザー治療(Q-yag、Q-ルビレーザー etc)
   
■皮膚のたるみ

「加齢による皮膚のたるみやくぼみによる影グマ」

 

皮膚は加齢によって弛緩します。また、周辺の組織も萎縮したりなどで部分的にくぼみを生じることも少なくありません。著しく弛緩してしまったら手術以外に方法はありませんが、そこまで進行していない場合は手術以外にもさまざまな方法で改善させることが可能です。

治療法…【Non Surgery】 ヒアルロン酸注射キュリアレーザーソノフォレーシス
【Surgery】下眼瞼切開

   
 
 

24時間受付メール相談来院のご予約このページのTOPへ
 
二重まぶた情報
脂肪吸引情報
豊胸情報
エラ削り・フェイスライン情報
AGING若返り
クマ・目元のスキントラブル情報
受け口・セットバック等、症状別治療情報

 
本ページ内すべての文書・データ等は著作物です。
無断掲載・転載等はお断りいたします。
The copyright(c) of this homepage is reserved by keiyu plastic clinic.